「やめる」ことや「かたづける」ことも、経験から育てる。

Pocket

「かたづけるよー」とか「さあかえるよー」といってもなかなか言うことを聞いてくれない。そんな経験はありませんか??

雨が多い毎日でしたが、お花見はいかれましたか??私は雨の前とあとの匂いが大好きなんですが、今日はじめて、それには正体があるということを知りました。雨が運んできた不思議。ではなかったようです。小さい子もあのお天気や季節の匂いって感じるんでしょうか??

「やめる」「とめる」も訓練が必要。

遊んでいて「片付けるよー」といったら「はーい!」と言ってくれたら、どんなに良いだろうと私も子育て中思いました。そんな期待はあっさり裏切られ・・・「いやだ~~~~~」しまいにおもちゃを引っ張る有様。

ついついおもちゃをもぎ取り・・・・怒鳴った経験があります。(今頃反省。ごめんね・・)

帰るタイミングも、片付けるタイミングも、言ってしまえば大人のタイミングであり、子供にとったら、知ったこっちゃない。かもしれません。でも集団に入れば、自分の気分やタイミングではなく、時間は流れていきます。

他にも、走り回るのをやめてほしかったり、ものを投げるのをやめてほしかったり・・。色々あります。

でもそんな、「やめる」こと「かたづけること」「がまんすること」は運動や関わりの中から育っていきます。もちろん、直ぐにできるわけではないので、保護者の方も気長にお付き合いしてほしいと思っています。

実はお片付けは一緒にやっています。実はこれも、お友達を気遣って、スピートや力加減をしないと、小さい体ではうまく行きません。そんなこともまなびの一つだと思っています。

小さく折りたたんで、マジックテープを止めるという難しいお片付けも、頑張ってしてくれていますよ。

新学期。子供たちがいろんな新しい生活のお話をしてくれます。今日もあえるのが楽しみです。

只今春のキャンペーン中です。

友だち追加

スポンサーリンク


IMG_2805

香川県丸亀市にあるダンス教室・体操教室です。