見てるだけで運動ができるようになる??【鉄棒のお悩み】

Pocket

先週の親子体操。雪が舞っていましたが、たくさんの親子さんが来てくれました。

子供に、鉄棒ができるようになってほしい!

昨日親子で来ていたお母さんから
「どうやったら鉄棒ができるようになりますか??」というご相談を受けました。

すくすく教室では、毎週、自由に遊具で遊べる時間があります。その時間に保護者の方のご相談をお聞きしています。

ママ
「ぶら下がるだけで何もしようとしないんです。」

もも先生
ぶら下がって遊ぶとどんどん腕の力や体の力が付きます。今は興味を持って遊んでいるだけで十分ですよ!是非どんどん遊ばせてあげてください。
ママ
「回そうとすると嫌がります」
もも先生
私たちは、鉄棒の技という概念がありますが、子供たちにはないので、急に回されたりすると、しばらく鉄棒に触ってくれなくなったりします。周りの子供たちを見ると、興味はもちろん、見ていろいろなことを学習しますから、気長に行きましょう。

悩みはそれぞれ。ほんとうにたくさんあります。

 

でも、思うことはみんな一緒。

 

子供さんに「運動ができるようになってほしい。」

だと思うんです。

小さくてもぐるんぐるん回る子もいます。そういうのを見ると「鉄棒うちの子見向きもしない・・」と焦ったりもしてしまうでしょう。

でも、就園前の子供さんは、体の大きさも違うし、運動の成長スピードだって違う。興味を持つものだって違うのです。

まずは、遊びながら力をつけましょう。

なぜかというと、

力がなければ、いくら技術をたくさん教えたとしても、できるようにはなりません。最初は、ほんうに子供さんが遊びたいように、遊ばせてあげればいいと思います。「ぶらがることしかしない」だったとしても、確実に筋力や、体の力はついていますから。

そして、技術のゴールを見るのではなく、ぶら下がるのが今日少し、長くできるようになる成長もしっかり認めていってあげましょう。

鉄棒がある環境に行くだけでいいんです。

まずは興味がなければ、鉄棒をする子がいる環境に連れて行ってあげましょう。こういった教室に連れて行っても、石のように固まって、何にもしないのに、帰ってからやっていた。という経験はありませんか??

親からしたら「ええええ~~~なら、やってよ~~~。」

まして月謝を払っていたりしたら、げんなりです。

でもそんなことはないんですよ。

帰った後にするということは、「見るだけで学習しているということなんです!!」

このすくすく教室は運動の教室ですが、運動をちょっとしかしない子もいます。でも子供の能力はすごいんです。

遊びながら「見ている」だけでも学習になっているのです。興味を持っているということは、徐々や人に慣れればしてくれるので安心してくださいね。

やる気や、子供さんの力を見ながら、こういったお教室やプルアップでは子供さんの運動を伸ばしていっています。運動は経験です。「運動神経が悪い」のではないですよ。

 

今週は新しい道具が加わり!私もですが、みんな大喜び!!

なんか新しい。というだけでもテンションって上がりますよね。

帰りはおやつもらって、外で遊んで~~~でした。

友だち追加

 

スポンサーリンク


IMG_2805

香川県丸亀市にあるダンス教室・体操教室です。